最新の不動産登記について

不動産登記と司法書士・土地家屋調査士

不動産登記には、表示に関する登記と権利に関する登記があります。
 表示に関する登記とは登記記録の表題部に記録される登記で、権利に関する登記とは登記記録の権利部に記録されるものです。
 表示に関する登記は、不動産の物理的現況を示すことを目的としており、家を新築した時などにする表題登記や家を壊すときにする滅失登記がこちらにあたります。
 一方、権利に関する登記は不動産の権利関係を公示することを目的としており、不動産を売買した時の所有権移転登記や銀行から担保付きでお金を借りる時にする抵当権設定登記などがこちらにあたります。
 同じ不動産登記でも、表示に関する登記は土地家屋調査士の独占業務になっており、権利に関する登記は司法書士の独占業務となっています。
 ですので、司法書士は表示に関する登記を代理することはできませんし、土地家屋調査士は権利に関する登記の代理をすることはできません。
 このように士業による役割分担は明確にされていますが、実際には、双方の資格を持っている人も少なくありませんし、双方の資格者間で業務提携をしていることがほとんどなので、一般の消費者が司法書士と土地家屋調査士の役割分担について意識することはあまりないと言っていいでしょう。